わたし

ヒューマンキャンパス高校での

心理学の授業も2年目に入ります

そして今日は新一年生の初日



自分のこと

どのように見えてますか?

ましてや

人にはどう見えているのでしょう?



自分では

そんな風には見えてなくても

周りからそう見られることはないでしょうか



私の場合

よく器用そうに見られることがあります

PCやスマホなどの機器の取り扱いや

その手のトラブルが起きたとき

スマートに対処できるように見られがちです



ですが!

全くの逆で

何がどうなっているのか

さっぱりなことが多く

あたふたしています

それを伝えると

意外に思われるのですが



そんな自分自身と周囲から見られる自分との

ギャップを感じたことはないですか



どれも自分のことではあるのですが

誰が見ているのか?

その視点とのギャップによって

自分を見失ったり

迷ったりすることを

どうやら引き起こすことがあるようです




心理学コース初日は

心理学について知る時間

自分で認識する自分と

他人から見られる自分

に意識を向ける時間

そして何より

初めまして!なので

親睦を深める時間となりました




高校生のうちから心理について学ぶことは

どんな意味を持つのでしょう



どんな状況においても

人と人とは関わり合うものです



人間関係の中で

自身のメンタルバランスを保つこと

相手の心情を把握すること

大切なことの一つでもあります



社会人になると

人間関係によって

引き起こされる問題(悩み)は

これまで以上に多くなり

そして

その質も変わっていきます



社会人である誰もが

既にそのことを経験しています



以下のURLは

心理学コースがあるヒューマンキャンパス高校さんのホームページです。

今後、オープンキャンパスが実施されます

まずはそこで心理学講座を体験してみませんか?

https://www.hchs.ed.jp/campus/fukuoka1/?code=131124



最後まで読んでいただきありがとうございました

皆さんにとっても素敵な時間が訪れますように



他のブログはこちらへ

https://www.mental-management-office.com/blog

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示