高校の心理学コース

12日目

「人間関係にあるゲーム」


今日の学びはどんな時間になるのでしょう

ゲームと聞くと

格闘ゲーム

レーシングゲーム

仲間を集めて敵を倒すゲーム

などの

TVゲームをイメージしますよね

もしかしたら

配られたカード(手札)を

上手くやりくりして

勝敗を決めるようなゲームを

イメージする人もいるでしょう

共通して言えるのは

【 勝敗が決まる 】ということです

どちらかが勝ち

どちらかが負ける

それが当たり前となって

それを決めるやり取りがあるわけです

実は

人間関係にもゲームがあります

とは言っても

TVゲームのように

コントローラーを使って

プレイするものではなく

関わり合いのラリーの中で行われる

・駆け引き

・マウンティングの取り合い

・心理戦

のようなものと言えば

イメージが湧くでしょうか


コミュニケーションで引き起こされるゲームについて分析します

ふっかけられる立場にもなれば

ふっかける立場になることも

ジャンケンってシンプルなゲームですよね

たった3つ

✊✌️✋で勝敗が決まる

人間関係においても

✊✌️✋の役割があります

関わる人や状況によって

その役割は変わります


表現が心理的ゲームにどう影響するのかを体験します

どんな状態にあるとき

ふっかける立場になるのでしょうか

また

どんな状態にあるとき

ふっかけられる立場になるのでしょう

そして

誰に対してどの役割になるのでしょうか

さらに

どんな状態によってどの役割になるのでしょう

それが分かることは

人間関係を嫌になるキッカケの一つ

無益で虚しいゲーム

を終わらせることに繋がります

今日はどんな自分の一面が見れたのでしょう

まぁ、手っ取り早いのは


そんな時はコミュニケーションを取らない

ということなのでしょうが

そういうわけには行きません

何はともあれ

今日をキッカケに

ご自身を中心に繰り広げられるゲーム

そこに意識を向けてみることで

今後のコミュニケーションにどんな影響を与えるのでしょうか

以下のURLは、心理学コースを備えている ヒューマンキャンパス高校さんのホームページです。

https://www.hchs.ed.jp/campus/fukuoka1/?code=131124


最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さんにとっても素敵な時間が訪れますように。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示