準備運動の大切さ

今日は準備運動のための研修です



最近、ヨガの体験で

久しぶりに身体を動かしました



思えば自衛官だった頃

定期的に運動する機会がありました



年に一度

体力測定や水泳能力測定があり

冬には厳冬訓練として持久走があります



私は持久走のときに

キツイ思いをするのが嫌だったので

夏の終わり頃辺りから

定期的に走り込むことをしていました



持久走の距離は5kmだったので

走り込みでは6Km8km10kmと距離を伸ばし

少しでも本番でラクをしたかったのです



結局

本番は本番でアドレナリン全開

毎回

ぜぇぜぇ、はぁはぁ

決してラクはできませんでした

こういうときって

思いっきり走っちゃうんですよね…



そんな環境にいるときは

運動することに

何ら問題などなかったのですが



久しぶりに身体を動かすとなると

やはり

急に動かすのは良くないですね



『あの頃は!』

なんていう意気込み?は

儚く醒めていきました



ヨガの体験なので

優しい姿勢だったのですが

張り切りすぎたようです・・・


身体中が痛い!

しかも2日後にくるなんて!!


いわゆる筋肉痛というやつです


事前の準備運動の大切さを

改めて痛感しました



何かを始めるとき

久しぶりに再開するとき

どんなものごとにも当てはまる話なのかもしれません



今回の事前研修では

頭と心の準備運動をテーマに

普段では考えないようなこと

体験しないようなことへの

肩慣らしを体験してもらいました




どの分野の職種であっても

どんな役職の人であっても

どんなものと向き合うことでも

メンタルは無視できないものです



SNSやニュースなどを見ていると

多くの人たちの

こころ(メンタル)

に対する一人ひとりの意識が変化しているように感じます



一人一人のメンタルは

企業の利益に多大なる影響を与えるものだと考えています

そのメンタルを整えるサポートをさせて下さい



皆さんの周りで

研修を探されている企業様はいらっしゃいませんか?

ぜひ、ご紹介下さい



企業研修の詳細はこちら

https://www.mental-management-office.com/blank-1



他のブログはこちら

https://www.mental-management-office.com/blog



最後まで読んでいただきありがとうございます

あなたにとっても良い毎日となりますように

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示