手を加える

ロボットプログラミング教室2月②日目


ラクガキは想像する力を刺激してくれます!

今回は

前回のロボドーザーを

改良していきます



これまでのものに手を加え

また違った形にしていく

それはある意味

新たに生み出すこと

と似ているのかもしれません



確かに

手を加えるというのは

土台となるものが既にある

が前提ではありますが



前回作っていたロボドーザー

手本のような形に改良するには

どんな部品がいるのか?

どこをどうすればいいのか?

試行錯誤して

何度も繰り返し試しながら

少しずつお手本に近づけていく



一方

その隣の席では

体験に来た生徒さんが

体験用のロボットを作成



少しお兄さんの彼は

普段からLEGOで遊んでいるようで

慣れた手つきで課題に取り組み

時間内に3種類のロボットを作成



そんなお兄さんに刺激を受けて

飽きたー!

面倒臭い!

難しい!

と愚痴を吐き出しながらも

ちゃんと向き合って取り組んでいる姿勢が

少し愛嬌があるというか

かっこよくも見えました



目標としている形になったとき

湧き起こる感情というのは

やはり

嬉しくもあると同時に

自信へと繋がっていくのが伝わってきます




数多くの体験を重ね

少しずつ慣れていく中で

どんな時間

どんなものを積み重ねて

共に成長し合っていくのでしょうか



そして

いろんなものを乗り越えたときの

達成感や嬉しさ

それらは

年齢に関係なく

嬉しくもあり

大きな力にもなりますね!



そんな体験が

これからの日常において

どう役に立てることができるのか

どんな成長に役立てることができるのか



社会人となり

多くの体験をしてきた私たちには

具体的な想像ができるのではないでしょうか



近年、注目が増え

いろんな場所で取り組まれている

ロボットプログラミング教室


【 ロボットプログラミング講座 】では

・イメージする

・試行錯誤する

・描き出す

・アイデアを出す💡

・やってみる

といった知識の成長を助けます。


私は

おもに心理学講座を担当しているのですが

そんな私が行う授業は


✅あいさつをする

✅物を大切にする

✅片付ける

✅助け合う

✅自立する

✅発想を伸ばす

✅受容する


など基本的な部分に心理学のエッセンスを織り交ぜ

ココロ(気持ち)を育むサポートもできること

他の教室にはない強みだと思っています。



一緒に遊びながら学ぶお友達をお待ちしてます🎶



詳細については

以下のURLよりヒューマンアカデミーさんのホームページをご確認下さい✨



https://haa.athuman.com/school/fukuoka/?utm_source=gmb&utm_medium=display&utm_campaign=websiteurl



最後まで読んでいただきありがとうございます

この後も皆さんにとっても良い時間となりますように



他のブログはこちらへ

https://www.creativeofmind.com/blog

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示