共有の重要性

私たちは

いろんな人たち

ときに動物たちと

コミュニケーションを取り合っています




それは生まれたばかりの頃から

備えている能力の一つ

経験を重ねるごとに

その技術は向上し

より複雑になっているものでもあります



なぜコミュニケーションを行うのでしょう?


当たり前のようにやっているものだから

深く考える機会は少ないように思えます



この機会に考えてみてもいいかもしれませんね

なぜコミュニケーションが必要なのか?



✅ 自分のことを知ってもらうため

✅ 相手のことを知るため

✅ 意思疎通を図るため

✅ 生きていくのに必要だから

✅ 争わないため

いろんな声が聞こえてきそうです


それらは、さまざまな声ですが

行き着く答えは同じかもしれません



そんなコミュニケーションにおいて

私たちはよく

勘違い(思い込み)

を起こします



例えば

『ちょっと待ってて』

と言われたら何分くらいまで待てますか?



相手の事情やこちらの事情、連絡するなどを一切抜きにして

言葉の通り、ただ待つことを考えてみてください



60分待てるAさんと

15分待てるBさんが

待ち合わせたとします



待てる=待たせる

と仮定して


Bさんが先に目的地に着いてAさんを待つことになったとします

そうすると単純にAさんはBさんを60分待たせることになる

だけど

さすがに悪いので頑張って急いで

30分縮めました!

頑張った!!


60分を30分に縮めるというのは

相当な労力が必要です

そんな思いをして

Aさんはやっと到着します

メイクやセットが乱れ

汗だくになっているかもしれません


だけど


Bさんの機嫌はあまり良くない




そうですよね

Bさんからしたら

15分待った上に

さらに15分遅刻して来られた訳ですから………

心中穏やかではないでしょう



もちろん

連絡するなどの行動によって

それは回避できると思いますが

今回は、それを抜きで考えてみます



こうなると

AさんとBさんが集合した後には気まずい空気が………

人間関係に亀裂が入り始めた瞬間かもしれません

そんな小さな?ものが積み重なり

次第に2人の関係が………



待ち合わせではなくても

これに似た感じのことを

私たちはよく引き起こしています



それが積もっていけば

やがて

互いに距離を置くようになり

ときに相手を嫌うことも



そんな原因の一つが

『ちょっと』

といったキラーワードなのです




『あなたのちょっと』と

『私のちょっと』が同じかどうかは分かりません


ただ

『ちょっと待ってて』と言われただけで

なんとなく伝わったものだから……



はっきりしない

受け取った答えが人によって変わる

曖昧な言葉

それがキラーワードです



人間関係の亀裂の原因

ミスコミュニケーションの原因

それらを取除く(防ぐ)には

どうしたらいいのか?



その考え方や方法は様々ですが

今回はNLPという心理学の話に

ゲームを取り入れながら触れ合いました





高校生のうちから心理について学ぶことは

どんな意味を持つのでしょう



どんな状況においても

人と人とは関わり合うものです



人間関係の中で

自身のメンタルバランスを保つことや

相手の気持ちを把握することは

大切な関わり方の一つでもあります



社会人になると

人間関係によって

引き起こされる問題(悩み)は

これまで以上に多くなり

そして

その質も変わっていきます



社会人である誰もが

既にそのことを経験しています



改めて

高校生のうちから心理について学ぶことは

どんな意味を持つのでしょうか?



最後まで読んでいただきありがとうございました

皆さんにとっても素敵な時間が訪れますように



他のブログはこちらへ

https://www.mental-management-office.com/blog



以下は

心理学コースがあるヒューマンキャンパス高校さんのホームページです。

毎月オープンキャンパスが実施されます。

そこで心理学講座を一緒に体験してみませんか?

https://www.hchs.ed.jp/campus/fukuoka1/?code=131124

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示