タイプと関わり方

如水コンサルティングを担当されている

『のむら社労士事務所様』

での企業研修7日目


今日のテーマは「タイプと関わり方」

私は

知らない道を通るとき

ワクワクするタイプです

また

買った洋服を誰かが着ているのを見たとき

着る気がなくなるタイプでもあります

他にも

いろんな自分がいるわけですが

あなたはどんなタイプ?

行動をおこし始めるとき


率先してパッと動く人からしたら

返事や初動が遅い人に対して

イライラすることがあったり


逆に


慎重に考える人からすると

何も考えずに行動する人に対して

理解できないと思うことがあったり

今日はいつもとは違うお部屋で

自衛官として勤務していた頃の話です

私は、どちらかというとすぐに行動するタイプでした

だから

業務において部下の行動(動き出し)が遅いのが許せず

強い口調で強制的に促していたものでした

業務上それは当たり前の対応で

そうでもしないと迷惑がかかるので

たとえ部下から嫌がられるとしても

その対応が

最善である

と信じていたのです

だからこそ私自身

すぐ作業に取り掛かっていたわけですが

プライベートで友人と待ち合わせをしているとき

なかなか準備をし始めない自分

がいることに気がつきました

その友人との約束が嫌なワケではないのです

むしろ

楽しみにしているのにも関わらず

動き出すまでに時間がかかっているのです

驚きました!

そして不思議でした

仕事においてはすぐに行動を起こすのに

プライベートでは動き出すまでに時間がかかるのです

始めは

矛盾している自分が

なんだかダメな感じがして

少し責めるところもありました

ですが


よくよく考えてみると

案外、矛盾していることって多いですよね

それは悪いことではなくて

関わる人が変われば

見せる部分も変わるように

ごく自然のことなんです

母親に見せる自分と

意中の相手に見せる自分は

違いますよね

その違いに

違和感を感じることもなく

そして

自分を責める必要もないですよね

そして

自分にない部分を

誰かが補ってくれることで

『自分が』

よりも

『全体的に』

良い結果を得られるのであれば

まさに『鬼に金棒』ですよね

研修中思わぬ?興味深い発見があったようです

自分の矛盾に一致感を持って

相手との違いを理解し受け入れるとき

自他に対するコミュニケーションは

どんな素晴らしい人生を送ることに繋がっていくのでしょう



あなたはどんなタイプ?



今回の研修は

タイプを知り

さらに関わり方を

学ぶ一日でした

強制的とも言える環境の変化において

プライベートや職場など

あらゆる場面におけるコミュニケーションの在り方が変化しています

そのような現状において

こころ(メンタル面)に対する多くの人たちの意識も変化しています

研修が終わる頃には

コミュニケーションの幅だけでなく

個人の在り方

そして仕事への向き合い方がどのように変化しているのか?

一緒にその結果を作っていきます

皆さんの周りで

研修を探されている企業様はいらっしゃいませんか?

ぜひ、ご紹介下さい



最後まで読んでいただきありがとうございます

あなたにとっても良い時間が訪れますように

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示